JOGAの紹介

設立趣意

我が国におけるオンラインゲームは、ブロードバンド通信インフラの発達に伴い急速に普及し、登録ユーザー数が4,198万人、市場規模も1,015億2,940万円(オンラインゲーム市場統計調査報告書2007概要版)と年々拡大しています。

しかし、新たなビジネスゆえユーザーに安全なサービスを提供するにあたり、未整備の課題や問題が存在しています。その結果、消費者が不利益を蒙ることもあり、これらの諸問題を解決するため、2007年に日本オンラインゲーム協会を設立いたしました。

日本オンラインゲーム協会は、オンラインゲーム市場やオンラインゲームから派生したソーシャルゲーム等新しいゲームサービスビジネスの更なる発展のため、オンラインゲームビジネスに関わる企業が、共にオンラインゲーム産業およびIT産業の振興とそのための啓発・認知向上活動、調査・研究活動、情報交換などを通し、経済社会の発展、国民生活など広く公益の増進に寄与するために活動しています。