JOGAの紹介

共同代表理事のご挨拶

わが国のオンラインゲームは、ブロードバンド時代のIT&コンテンツビジネスとしていち早く成立し、2003年以降市場は急速に拡大を続け、2006年には1,000億円超える市場にまで成長しました。また、ゲームに参加する登録ユーザー数も4,000万人を突破しています。

しかし、新たなビジネスゆえの整備課題も存在しています。安全な課金サービスやネット利用トラブルからのユーザー保護、同時多数アクセスでも安定してサービス提供するための運用面の対策、ネットビジネス上のマナーやユーザーモラル対策などです。

これら諸問題の解決の為には個別の企業の企業努力のみでは困難な点が多く、オンラインゲーム市場の更なる発展のためには、オンラインゲームの開発・運営に関わる企業すべてが、共通の課題について真摯に議論する必要があると考えます。

一般社団法人日本オンラインゲーム協会は、2004年より首都圏情報ベンチャーフォーラムの活動の一環としてオンラインゲーム市場統計調査、オンラインゲームガイドライン策定を行ってまいりましたオンラインゲームフォーラムの活動を継承し、オンラインゲーム産業と健全なオンラインゲームビジネスの振興のため、そのための啓発・認知向上活動、調査・研究活動、情報交換などを通し、経済社会の発展、国民生活など広く公益の増進に寄与することを目的とし、その役割を担って参りたいと思います。

一般社団法人 日本オンラインゲーム協会共同代表理事
植田 修平